千葉市中央区 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

【ブルーライトが不調を引き起こす?】ドライヘッドスパであらゆる原因を解消

ブルーライトとはそもそも何か?

 

簡単に説明をすると光には波長というものがあります。

 

波長が長く見えるのが赤外線。波長が短く目に見えないのが紫外線やブルーライトにあたります。

 

波長が短い紫外線やブルーライトは身体に悪影響を与える理由は、波長が短い光は強いエネルギーを持っているからと言われています。

 

紫外線はその強いエネルギーから肌を焼きシミやシワ等に強く関係しています。

 

ブルーライトは日焼けなどはしないですが目の奥(網膜)まで光が届き自律神経のバランスを崩すと言われています。

 

ブルーライトは紫外線の次に波長が短く強いエネルギーを持つ光と言われています。

 

 

ブルーライトの発生源は?

 

ブルーライトと聞くとスマホやパソコン、テレビなどを想像すると思いますが、このブルーライト実は太陽からも放出をされています。

 

ただ、太陽から放出されているブルーライトよりも前述したスマホ、パソコン、テレビのほうが私達が長い間見たりすることが多いことから身体に悪影響を与えている比率は高いといわれています。

 

ブルーライトが原因でなぜ肩・首がこる?

 

 

 

テレビやスマホの見すぎ、デスクワークでブルーライトをよく浴びてしまうとかすみ目、ドライアイ、頭痛、肩こり、首コリが引き起こされると言われています。

 

かすみ目やドライアイはなんとなくわかるかと思いますが肩こり、首コリはいまいちピンとこない人が多いと思います。

 

理由の一つに自律神経が関係していると言われています。

 

人間は暗くなると眠たくなり、明るくなると身体が活発になるイメージを持っていると思います。

 

スマホをベッドまで持っていき寝る体制のままずーっと見てしまう人が近年ものすごく増えてきています、

 

このことが原因で身体がまだ【休息状態】ではなく【活動状態】なんだと勘違いをしてしまいます。

 

そうすると身体の筋肉が休まらずに首や肩が凝ってしまうのです。

 

更に寝ている体制でスマホを見たりしている時の姿勢がいいわけなんて無いので腰にも負担がかかります。

 

ブルーライト(スマホ・パソコン等)は便利な半面、身体の外側・内側どちらにも悪影響を及ぼしてしまう少し困った存在です。

 

 

ドライヘッドスパであらゆる問題を解決!

 

 

 

ドライヘッドスパはブルーライトの見すぎからくる目の疲れや頭痛、肩こり、首こりにはもちろん先程紹介した自律神経の乱れを整える効果もあります。

 

お家でホットアイマスク等で温めて寝ることも効果があり良いと思いますが一度に身体の外側と内側をケアできるといわれるとなかなか難しいです。

 

ドライヘッドスパを受けて眠っている時間は8時間普通に眠っている時と同等の効果が得られるとも言われていて更にコレにより寝不足からくるお肌のトラブルや体臭なども同時に解決できるといわれています。

 

身体を短時間で休息状態に持っていけるドライヘッドスパは日々のデスクワークやスマホ・テレビが放つブルーライトの光で疲労している皆様の心身どちらにもお役に立てます。

 

 

まとめ

 

 

・ブルーライトは波長が短く強いエネルギーで紫外線の次に強い光である

 

・スマホやテレビからでなく日光にもブルーライトは存在している

 

・スマホやパソコンを夜見たりすることで身体が【休息状態】ではなく【活動状態】のままになってしまう

 

・【活動状態】が長く続くことで自律神経のバランスが乱れ肩こりや首こりを引き起こしてしまう

 

ヘッドミントVIP千葉店ではこのブルーライトが原因で引き起こす眼精疲労や肩こり首こりでお悩みのお客様が沢山いらっしゃいます。

 

お忙しい時間の中でお客様が心身ともに安らげるお時間を可能な限り提供させていただきます。

 

季節の変わり目からくる頭痛のお悩みなども増えてきております。

 

一度ぜひヘッドミントVIP千葉店へお越しくださいませ。

 

ご予約はホットペッパービューティーまたはHPから承っております。

The following two tabs change content below.

酒井 翼

ヘッドミントのSV(スーパーバイザー) セラピストやスクール講師から営業まで行うオールラウンダー。 WEBのSEO対策まで担当。